オードリー若林の嫁との馴れ初めは?職業や年齢は?出身地はどこ?子供は?

芸人

こんにちは、てすぽんです。

オードリーの若林さんはテレビやラジオなどで活躍されているのは皆さんご存じですよね。

若林さんはご結婚されているんですけど、知ってましたか?

今回はオードリー若林さんの嫁との馴れ初めとは?嫁の年齢や職業は?出身地はどこなのか?などをお伝えしていきます。




オードリー若林の嫁との馴れ初めは?

若林さんと嫁さんとの馴れ初めは2019年3月に若林さんの知人である放送作家の方からの紹介で知り合いました。

お二人が出会ってから暫く経過したころに正式に付き合ってください、と交際を申し込んだんです。

若林さんが嫁さんに惹かれた理由は何だったと思いますか?

若林さんは女性との食事にはあまり慣れていませんでした。

いつも、ちゃんとトークできたかな?とか沈黙を作らないようにと考えたり、気をつかう事が多かったんですね。

ある日の食事の終わりに嫁だけタクシーで帰らせようとしたら、嫁から一緒に歩きたいと言われ一緒に歩いて帰ったんです。

その時に嫁から言われた事が「2時間くらい話していたけど全然どんな人かわからなかった」です。さらに「俺もう40だから」と言ってたけどダサいですよとダメ出しされてしまいました。

その言葉を聞いた若林さんは嫁さんがあまりにもハッキリと物を言う女性だとわかって、嬉しかったそうですよ。

この事がきっかけで、嫁さんに惚れてしまい結婚したいと思うようになったんですね。

そして、嫁さんに結婚を前提で付き合って欲しいと告白したんです。

結果的に若林さんは嫁さんとは付き合い始めて3か月で結婚しているんです。

かなり早いと思いませんか?

初めて会ってからたったの3か月で結婚ですよ。

きっとお二人の性格がぴったり合っていたのかもしれませんね。

結婚している夫婦でも結婚してみたら性格が合わなかった、なんて事はよくありますよね。

そんな経験をした方もいんじゃないですか?

その点、若林さんと嫁さんは性格はとても合っていたんでしょうね。

そんな出会いをした若林さんは幸せですよね。

オードリー若林の嫁の職業と年齢は?

若林さんの嫁さんの職業は看護師なんですが、職業がら年上の人とも接する事が多いですよね。

そんな経験から、人見知りの人には物事をはっきりを言う方がいいという考えをもっていたのかもしれないですね。

ここで若林さんのプロフィールをご紹介しますね。

本名     若林正恭
生年月日   1978年9月20日(45歳 2023年)
出身地    東京都中央区
血液型    O型
身長     170.5cm
最終学歴   東洋大学文学部卒業
コンビ名   オードリー
相方     春日俊彰
事務所    ケイダッシュステージ

年齢は若林さんより15歳も若い30歳なんですね。

羨ましいですよね。やっぱり嫁さんは若い方がいいですよね。



オードリー若林の嫁の出身地はどこ?

オードリー若林さんの嫁の出身地はどこなのでしょう?

以前、若林さんがフジテレビの「ボクらの時代」に出演した時に若林さんが話してましたよ。

嫁がが若林さんとは真逆でポジティブな沖縄の『なんくるないさー』の人だと発言してましたね。

お嫁さんは沖縄出身だったんですね。

沖縄と言えばガッキーが沖縄出身でしたよね。

若林さんの奥さんもガッキーみたいにかわいい方なのかもしれないですね。

オードリー若林の嫁/子供はいるの?

オードリー若林さんには女のお子さんが一人います。

2022年1月に誕生しており、2月5日放送のオールナイトニッポンで報告しています。

しかも、その報告は相方の春日さんもその時初めて知ったんですよ。

実は若林さんが結婚した事もオールナイトニッポンの放送時に春日さんは初めて知ったようです。

相方なのに事前に聞いていなかったとは・・・

オードリーって不思議なコンビですね、そして若林さんって不思議な方ですよね。



まとめ

・オードリー若林さんと嫁さんの馴れ初めは知り合いの放送作家の方の紹介でした。

・お嫁さんの職業は看護師で、年齢は15歳下の30歳です。

・お嫁さんの出身地は沖縄です。

・オードリー若林さんには女のお子さんが一人います

相方の春日さんの事についてはこちらもご覧になってください。

オードリー春日の嫁(クミ)との馴れ初めは?嫁の年齢は?プロ彼女って?
こんにちは、てすぽんです。 オードリーの春日さんは今や多くの番組に出演されている売れっ子の芸人ですよね。 春日さんはすでに結婚されていますが、その馴れ初めは?お嫁さんの年齢は?子供は? 春日さんのお嫁さんがプロ彼女と言われているの?とはどう...

今回はオードリーの若林さんの事についてお伝えしました。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメント