伊藤蘭の実家や生い立ちは?娘や旦那は?キャンディーズ蘭ちゃん時代は?

女優

こんにちはてすぽんです。

伊藤蘭の実家や生い立ちは?娘や旦那は?キャンディーズ蘭ちゃん時代はどうだった?

今回は蘭ちゃんこと伊藤蘭さんの事について調べた事をお伝えしていきます。

伊藤蘭の実家はどこ?

キャンディーズの伊藤蘭さんの実家はどこにあるのでしょうか?

伊藤蘭さんは東京都武蔵野市の出身で、小学生の頃に杉並区西荻北に引っ越ししています。

キャンディーズ時代の実家は西荻北でしたが、実家の場所はファンの間では知られていたようです。

熱狂的なファンは実家にも押しかけた人もいたと伊藤蘭さんが話しています。

伊藤蘭さんの父の伊藤英邦さんの家系は新潟県下関地区にありました。

伊藤蘭さんのルーツは新潟にあったんですね。

父の伊藤英邦さんは千葉県の役所に勤めていました。

母の伊藤八重子さんは洋裁教室を開いていました。

両親とも一般の方だったんですね。

伊藤蘭さんには6歳年上のお兄さんがいます。

お兄さんはシンガポール料理店を経営しています。

キャンディーズの蘭ちゃんの娘は?

キャンディーズの蘭ちゃんの娘さんは女優の趣里さんです。

趣里さんは伊藤蘭さんと水谷豊さんの娘さんになります。

最初に趣里さんをテレビで見た時にはキャンディーズの蘭ちゃんの娘さんだとは知りませんでした。

芸能人の二世俳優だとテレビに初めて出た頃から、芸能人の親が子供を紹介したりネットの記事に親子関係が載っていたりしますよね。

趣里さんの場合はそのような記事は見た事がなかったので、有名人の娘だとわかりませんでした。

趣里さん自身も、自分の実力で女優としてやっていくという決意をもっている人なんですね。

取材などを受けた時も親の事は出さないのを条件にしているみたいですね。

趣里さんは2015年から2022年までに30作品以上のドラマに出演されていますね。

それらのドラマの中で印象に残っているのは、2018年に放送された『ブラックペアン』ですね。

このドラマは医療系のドラマで二宮和也さんが天才的な手技を持つ外科医役で主演されてました。

趣里さんは二宮さんの助手の看護師役で出演していました。

一般の看護師とは違って二宮さんの片腕的な技術を持った看護師の役でしたね。

次に印象に残っているドラマが2020年に放送された『私の家政夫ナギサさん』でした。

このドラマでは主演の家事ができないキャリアウーマン役の多部未華子さんの妹の役でした。

役名は相原唯で家政婦紹介所の事務員で、家事ができないお姉さんに誕生日祝いで家政婦を依頼するという内容でした。

娘がキャリアウーマンになる事を強く期待する母親から勘当されているという複雑な役柄でしたね。

そんな役柄でも多部未華子さんの妹の役として、とてもいい味を出して演じていましたね。

趣里さんは現在NHKの朝ドラ『ブギウギ』のヒロインとして出演しています。

これが最後のつもりでオーディションに挑戦して見事ヒロインの座を勝ち取ったんですよ。

趣里さんについてはこちらの記事もご覧になってください。

趣里は朝ドラ(ブギウギ)でなぜ主演に?オーディション合格した理由は?エールに出た?
こんにちは、てすぽんです。 趣里さんは2023年秋のNHK朝ドラに主演決定はなぜ? オーディションに合格した理由は何だったのでしょう? 趣里さんは朝ドラのエールに出ていたのでしょうか? 今回は女優の趣里さんの事についてお伝えしていきます。

伊藤蘭の旦那は誰?

伊藤蘭さんの旦那さんは『相棒』で主役を務める俳優の水谷豊さんです。

水谷豊さんは元々キャンディーズのファンだったんですよ。

それがドラマで共演をした事がきっかけで結婚する事になったんですね。

私もキャンディーズのファンだったので羨ましいですね。

蘭ちゃんと水谷豊さんの馴れ初めなどについてはこちらの記事もご覧になってください。

水谷豊と伊藤蘭との馴れ初めは?結婚式はどうだった?娘がいる?
水谷豊さんは現在ドラマ『相棒』などに出演されて活躍しているベテラン俳優です。 奥様はアイドルだった元キャンディーズの伊藤蘭さんである事は有名ですよね。 今回は水谷豊さんのプライベートな事についてお伝えいたします。

キャンディーズ時代の蘭ちゃんはどうだったの?

キャンディーズは1973年に「あなたに夢中」で3人組で歌手デビューしています。

元々は東京音楽学院のスクールメイツから選抜で選ばれた3人(伊藤蘭、藤村ミキ、田中好子)で結成されているんですね。

最初はNHKの「歌謡グランドショー」のマスコットガールとして選ばれた3人だったんですよ。

だから、最初から歌手になるための結成でもなかったようですね。

ところが東京音楽学院に、たまたま訪れた音楽プロデューサの方の目に留まりレコードデビューする事になったんです。

今思うと、その音楽プロデューサーには人を見る目があったのかもしれないですね。

最初は歌唱力のあるスーちゃん(田中好子)がセンターで歌手デビューしていました。

でも、その後伊藤蘭さんがセンターになり「年下の男の子」がヒットして、その後は伊藤蘭さんがほとんどの歌でセンターを務めてました。

当時、キャンディーズはドリフターズのバラエティ番組『8時だヨ!全員集合』にレギュラー出演していたんですね。

この番組は1969年10月から1985年9月までの16年間も放送された長寿番組だったんです。

私も中学から高校までの間、家族みんなで毎週楽しみにしていた番組だったので懐かしいですね。

この番組でコントをやっていたキャンディーズを毎週見てたのですっかりファンになりました。

当時はTBSラジオの『ヤングタウンTOKYO』にキャンディーズが出演する事もよくありました。

このラジオ番組は公開放送で並べば整理券をもらって無料で実物を見られるという放送でした。

当時、友達に蘭ちゃんファンがいたので、一緒に何回も見に行きましたね。

キャンディーズは普通の女の子に戻りたいと突然解散してしまいました。

今でも当時のキャンディーズの思い出が忘れられないファンは沢山います。

伊藤蘭さんは女優として芸能界に復帰してからはコンサートなども行っています。

2020年にはコンサートツアーも行っており多くのファンを楽しませてくれています。

いつまでもキャンディーズのファンのために歌い続けて欲しいと思います。

今回はキャンディーズの蘭ちゃんの事についてお伝えしました。

ここまで、読んで頂きありがとうございました。

コメント